北方・本巣・岐阜で接骨院をお探しなら、
岐阜県瑞穂市の交通事故・スポーツ障害に強い接骨院  

〒501-0203 岐阜県瑞穂市馬場上光町2-11
穂積駅(北口)より徒歩27分、タクシーで約7分
本田線『馬場上光町』下車・徒歩1分(駐車場5台完備)

診療時間 日祝
午前 08:30~12:30
午後 15:30~19:30

水曜・土曜は8:30~13:00 / 水午後・祝日は営業している場合があります。

【予約制】ご予約・お問合せ・ご相談はこちら

058-337-5086

ジャンパー膝

 ジャンパー膝とは、大腿四頭筋腱や膝蓋腱の炎症で痛みが出てきます。スポーツをやることで起きることが多く、バレーボールやバスケットボールなどジャンプ動作を長時間繰り返したり、サッカーのダッシュ動作やキック動作を繰り返したりするなど、膝を酷使することにより起こるスポーツ障害です。

◆どうやって起こるの??

 ジャンパー膝は、ジャンプやダッシュなどによる膝関節の屈伸動作を頻繁に、なおかつ長時間にわたって行うことにより、膝蓋腱に繰り返しの過度な伸張ストレスがかかり、微小な損傷が腱繊維に起きます。このことが原因で炎症が起こり、力学的な脆弱性、腱の変性がもたらされます。また、動作に問題がある場合も多く、着地時などでKnee㏌(膝が内側に入る動き)傾向になると膝蓋腱内側にねじれを伴った伸張ストレスが加わり、さらに曲げる角度が増すにつれて同部位への伸張ストレスも増大し疼痛に繋がります。

◆どんな症状??

 ジャンパー膝は、膝の前面にある膝蓋骨(膝のお皿)の最下部に発生する痛みです。最初はわずかな痛みや違和感程度のものですが、治療をせずにほおっておくと痛みが強まり、何もしていない時も痛むようになり、歩くことも不可能になる場合もあります。
 症状は、通常、数週間という長い期間を経て徐々に悪化していきます。患部を押すと強い痛みを感じることもあります。

 アスリートの10代~20代に起こる可能性が高く、発生しやすいスポーツはバレーボールやバスケットボールなどジャンプ系競技や跳躍系陸上競技などですが、サッカーやランニング動作のある他のスポーツでも起こります。
 ジャンパー膝の重症度の分類は…
 軽傷・・・スポーツ活動中で痛みを自覚するが、スポーツには支障がない
 中等度・・・スポーツ活動中、活動後に痛みはあるが、スポーツ活動に支障がない
 重症・・・痛みは常にあり、スポーツ活動に支障がある
 最重症・・・膝蓋靭帯の部分もしくは完全断裂 (Blazinan等の病状の分類)

◆どうやって治療するの?
 
ジャンパー膝は、膝を酷使し過ぎているか、負荷がかかる体勢や筋肉の状態になっていることが原因であることが多いです。当院では、まず問診等にて原因となっている動作や部位を明らかにし、施術を行っていきます。繰り返し発症しない体作りをする為に、膝関節、足関節のアライメント調整や関係する筋肉をバランスよく活用できるようにしていきます。(アライメントとは、膝関節や足関節の正しい使い方を習得するということです。関係する筋肉は、大腿四頭筋と臀筋、ハムストリングスです。)ジャンパー膝になる方は、四頭筋ばかりを優位に使ってしまっているケースが多く、臀筋やハムストリングスをうまく使えるようにしていきます。
 ジャンパー膝が、なかなか治らずお困りの方はぜひ、当院へ来院してください。

交通事故専門の案内なら交通事故病院
友だち追加

精密検査ご希望の方は
上記米田病院をご紹介させていただいております。

院概要・アクセス
院名

瑞穂いとう接骨院

住所

〒501-0203
岐阜県瑞穂市馬場上光町2-11

アクセス

穂積駅(北口)より徒歩27分
本田線『馬場上光町』下車・徒歩1分
穂積駅よりタクシーで約7分
無料駐車場あり

営業時間

08:30~12:30 15:30~19:30

休業日

水曜PM土曜PM・日祝日

お問合せ・ご相談

お電話でのお問合せはこちら

058-337-5086

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。