北方・本巣・岐阜で接骨院をお探しなら、
岐阜県瑞穂市の交通事故・スポーツ障害に強い接骨院  

〒501-0203 岐阜県瑞穂市馬場上光町2-11
穂積駅(北口)より徒歩27分、タクシーで約7分
本田線『馬場上光町』下車・徒歩1分
(駐車場5台完備・第2駐車場有り)

診療時間 日祝
午前 08:30~12:00
午後 15:30~20:00

土曜は8:30~13:00 / 祝日は営業している場合があります。

【予約制】ご予約・お問合せ・ご相談はこちら

058-337-5086

スポーツ障害・スポーツ外傷でお悩みの方

アスリートからスポーツ愛好家の方までスポーツをやるうえでケガはつきものです。当院では整形外科での臨床経験をもとに患者様個々人に合った治療を行っていきます。また、もっと飛距離を伸ばしたい、足が速くなりたいなどパフォーマンス向上のお手伝いもさせていただいております。お気軽にご相談ください^^

◆成長期腰椎分離症           小学生~高校生で1週間以上続く腰痛がある方は50%以上が腰椎分離症といわれております。分離症は疲労骨折なので早期に適切な治療を行えばちゃんと治ります。

◆オスグッド・シュラッター病                    成長期に急激に伸長が伸びることで起こる膝の痛みをオスグッドといいます。サッカーなど膝を曲げ伸ばしするスポーツに多く発症します。この成長痛は股関節や足関節にアプローチすることで改善します。

◆シンディング・ラーセン・ヨハンソン病

陸上競技やサッカー等のスポーツの反復刺激が要因になりお皿の下の痛みを訴えることが多いです。オスグッド・シュラッター病と似たような症状が出現します。関節や姿勢にアプローチをする事で改善します。

◆足関節 捻挫
足関節捻挫は、スポーツなどの他に歩行や段差などで生じる場合があります。スポーツによる急性外傷としては最も頻度が高いです。重症度の高い障害ですが、軽視され慢性化する場合が多いので気を付けなければいけません。

◆野球肘                              主に投手に多い障害です。大きく分けて内側型と外側型があり、外側型は痛みがなく痛みが出てきたころにはかなり進行していることがあります。当院では超音波画像検査(エコー検査)にて状態を評価させていただきます。

◆野球肩                              一言に野球肩と言っても、その原因や損傷は多岐に渡ります。単純に過度な投球動作が原因となることが多いですが、体幹や股関節の柔軟性不足、肩や肩甲骨周囲の筋力不足、不適切な動作フォームなど、様々な動作要因も絡んできます。

◆突き指                              ボールをつかもうとしてそらしてしまったときに突き指になります。誰もが一回は経験があるのではないでしょうか?軽い突き指のなか簡易固定で数日で完治しますが中には骨折を伴うものもあります。固定やリハビリなど適切に行うことで治りも早くなります。

◆肉離れ                             
肉離れは、下肢の筋肉に起こる事が多く、筋肉が部分断裂または完全断裂することをいいます。運動時に、急なダッシュやジャンプをした時に発症しやすい、スポーツ外傷の一つです。

◆アキレス腱炎      
アキレス腱炎はかかとの骨(踵骨)とふくらはぎの筋肉を結ぶ太くて丈夫な腱であるアキレス腱に炎症を起こした状態です。一般にアキレス腱炎はジャンプスポーツなどや剣道や陸上の運動選手に多くみられます。                 

◆テニス肘                             テニスをやっている方に多い症状であることから、通称「テニス肘(テニスエルボー)」と呼ばれ、テニスプレーヤーの3割の人が経験したことがある症状で、正式には「上腕骨外側上顆炎」と呼ばれております。

◆シンスプリント                          陸上競技をしている方に多いすねの骨の痛みをシンスプリントと呼びます。骨膜反応といわれていますが、放っておくと疲労骨折につながることもあります。

◆ジャンパー膝
スポーツをやることで起きることが多く、バレーボールやバスケットボールなどジャンプ動作を長時間繰り返したり、サッカーのダッシュ動作やキック動作を繰り返したりするなど、膝を酷使することにより起こるスポーツ障害です。

◆腸脛靭帯炎
腸脛靭帯炎は、ランニングでよく起こる膝傷害の一つです。膝の屈伸運動を繰り返すことによって腸脛靭帯と大腿骨がこすれることで引き起こされます。

◆シーバー病(セーバー病)
シーバー病(セーバー病)とは、「踵骨骨端症」とも呼ばれ、成長期の10歳前後の子供に多くみられる疾患です。成長期にみられるため、成長痛と間違えられやすいので、しっかりと症状を見極めることが必要です。

◆ゴルフ肘                              
ゴルフのスイングにて肘の痛みを感じることがあります。これがいわゆるゴルフ肘と呼ばれるもので、「上腕骨内側上顆炎」というスポーツ障害です。

◆前十字靭帯損傷・断裂                              バスケットやハンドボールなど特に中高生に多い膝のけがです。関節の中にある靭帯が切れるため治療には手術しかありません。スポーツ復帰まで最低6ヶ月はかかるけがの中でも重篤なスポーツ傷害です。当院では病院を紹介し、手術前・後のリハビリを担当させていただきます

◆スポーツ外傷の応急処置(RICE処置)                 

ケガがスポーツ現場で起こった時に、病院にかかるまでの間、損傷部位の障害を最小限にとどめる為に行う方法を「応急処置(RICE処置)」と言います。この応急処置を適切におこなえば、早い段階でのスポーツ復帰を果たすことができます。

◆半月板損傷                 

膝関節には半月板と呼ばれる軟骨が内側と外側にそれぞれ一枚ずつあります。大腿骨と脛骨との関節面に位置し、膝の動きをスムーズにしたり、膝関節の動きを安定させたり、ジャンプなどの際にクッションの役割を果たしています。この半月板が、スポーツ動作によって膝を捻った時にこすれて損傷(断裂)することがあります。半月板を損傷すると膝関節の疼痛や運動制限が発生します。

交通事故専門の案内なら交通事故病院
友だち追加

精密検査ご希望の方は
上記米田病院をご紹介させていただいております。

院概要・アクセス
院名

瑞穂いとう接骨院

住所

〒501-0203
岐阜県瑞穂市馬場上光町2-11

アクセス

穂積駅(北口)より徒歩27分
本田線『馬場上光町』下車・徒歩1分
穂積駅よりタクシーで約7分
無料駐車場あり

営業時間

08:30~12:00 15:30~20:00

休業日

土曜PM・日祝日

お問合せ・ご相談

お電話でのお問合せはこちら

058-337-5086

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。