北方・本巣・岐阜で接骨院をお探しなら、
岐阜県瑞穂市の交通事故・スポーツ障害に強い接骨院  

〒501-0203 岐阜県瑞穂市馬場上光町2-11
穂積駅(北口)より徒歩27分、タクシーで約7分
本田線『馬場上光町』下車・徒歩1分(駐車場5台完備)

診療時間 日祝
午前 08:30~12:30
午後 15:30~19:30

水曜・土曜は8:30~13:00 / 水午後・祝日は営業している場合があります。

【予約制】ご予約・お問合せ・ご相談はこちら

058-337-5086

腰椎椎間板ヘルニア

 人間の体には、首と胸、腰に椎骨と呼ばれる背骨が存在します。また、曲げたり反らしたりといったような動きの中で、クッションの役割を果たしているのが椎骨と椎骨の間にある椎間板(円盤状の軟骨)です。この椎間板が、老化や運動などによって本来の位置からはみ出した状態が椎間板ヘルニアと呼ばれます。

◆どうやって起こるの?どんな症状? 

 腰椎椎間板ヘルニアは、長時間の中腰作業や車の運転、重量物を運んだりする人や激しく腰の捻りなどを強制されるスポーツをしている学生など腰に負担のかかりやすい生活を送っている人ほど発症しやすいと言われております。多くの場合、日々の生活の中で椎間板への負担が積み重なり発症します。こういった事が起こる原因として椎間板の性質によるものが一つの要因として考えられます。
 椎間板は、髄核と呼ばれるゼリー状の組織を、繊維輪という組織が包み込む構造になっています。加齢によって椎間板が老化すると、中身の髄核が繊維輪を破って外へはみ出しやすくなります。椎間板は、曲げる動作やひねる動作には弱い性質があり、これによって、腰を曲げて物を持ったり、身体を捻ったりする動作がきっかけとなって、腰椎椎間板ヘルニアを発症することが多いと言われております。(腰に負担のかかることをしない方でも喫煙や遺伝などの影響で発症する場合もあります。)
 腰椎椎間板ヘルニアの症状としては、腰痛をはじめ、下半身の痛みや痺れ、足が上手く動かせなくなったり、感覚が鈍くなる感覚麻痺などが起こります。

◆どうやって治療するの??

 腰椎椎間板ヘルニアは、腰が曲がることによって痛みが出るケースが多く、また神経症状が出ている部分によってどこが障害されているか大体の見当がつきます。また検査をすることでその信頼度はより高いものになります。

当院では、本当にヘルニアが原因で痛みが出ているのか?はたまた病院の診断ではヘルニアと診断されたが、原因がほかにあるのか?を問診等にてよって特定し、原因になっている筋や靭帯、骨盤のねじれなどに対して、筋膜や筋のリリース、矯正を行っていきます。

また、痛みが緩和してきた後は、痛みが出にくい身体を作っていく為に必要な筋力トレーニングの指導なども行わせていただきます。
 上記のようなリハビリを行ってもヘルニアによる神経圧迫の度合いが高く、症状の改善がなかなか乏しい場合には、信頼できる整形外科に情報提供させていただきます。

どこに行っても変わらない腰痛やヘルニアと診断され、注射やシップなどでなかなか症状が変わらない方などお待ちしております。

交通事故専門の案内なら交通事故病院
友だち追加

精密検査ご希望の方は
上記米田病院をご紹介させていただいております。

院概要・アクセス
院名

瑞穂いとう接骨院

住所

〒501-0203
岐阜県瑞穂市馬場上光町2-11

アクセス

穂積駅(北口)より徒歩27分
本田線『馬場上光町』下車・徒歩1分
穂積駅よりタクシーで約7分
無料駐車場あり

営業時間

08:30~12:30 15:30~19:30

休業日

水曜PM土曜PM・日祝日

お問合せ・ご相談

お電話でのお問合せはこちら

058-337-5086

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。