北方・本巣・岐阜で接骨院をお探しなら、
岐阜県瑞穂市の交通事故・スポーツ障害に強い接骨院  

〒501-0203 岐阜県瑞穂市馬場上光町2-11
穂積駅(北口)より徒歩27分、タクシーで約7分
本田線『馬場上光町』下車・徒歩1分
(駐車場5台完備・第2駐車場有り)

診療時間 日祝
午前 08:30~12:00
午後 15:30~20:00

土曜は8:30~13:00 / 祝日は営業している場合があります。

【予約制】ご予約・お問合せ・ご相談はこちら

058-337-5086

TFCC損傷

 TFCCとは、手関節の小指側にある、骨と骨の間にある靱帯や、クッションの役割をしている軟部組織です。正式名称を「三角繊維軟骨複合体(Triangular FibroCartulage Conmplex:TFCC)」といいます。この、軟部組織が日常生活動作や仕事の動作で損傷した状態をTFCC損傷といいます

 
◆どんな症状??
 
TFCC損傷は、症状がみられないこともありますが、損傷の度合いや、その他の要因が重なって起きることによって、手関節の小指側に痛みとして症状が現れます。   特に、捻る動作(ぞうきんを絞ったり、ドアノブを回したりなど)重量物を持とうとしたりすると痛みが出ます。
 また、手関節を小指側に曲げる動作でも痛みが出現し、疼痛誘発テストとして用いられます。症状が進行すると、何もしていなくても痛みが出たり、手首の腫れや、可動域制限がみられるようになります。

◆どうやって起こるの??

 転倒や交通事故によって捻挫などを起こす外傷や、野球やゴルフなどのスポーツや力仕事によるオーバーユース(使いすぎ)や、加齢による変形などの「変形」により、TFCCに負荷がかかり損傷することでみられます。
 もともと、骨のアライメントが整っていないケースでも起こるケースがあり、小指側の腕の骨である「尺骨」が、親指側の「橈骨」よりも長いことでTFCC部分に負荷がかかり過ぎてしまうことで損傷することもあります。その他にも、基礎疾患として痛風やリウマチにかかっていると、TFCC損傷を起こす可能性が高くなるという研究データもあります。

◆どうやって治療するの?

 TFCC損傷は、転倒など外傷の他に日常生活の動きや、スポーツ動作の中で出る場合など様々な原因が考えられます。まず、当院では、問診や触診等にてなぜ、今回痛みが出てしまったのかを特定し、説明させていただきます。炎症や痛みが強い場合は、固定をさせていただく場合もあります。炎症が治まった段階で筋膜リリースや癒着している箇所に超音波治療器を当て、本来の関節の動きに戻していきます。TFCC損傷は、放っておくと手関節の可動域制限が出現しその後の日常生活やスポーツ活動に大きな影響を与えます。もし、今、手首の痛みをお悩みの方がいれば一度、当院へご相談ください。

交通事故専門の案内なら交通事故病院
友だち追加

精密検査ご希望の方は
上記米田病院をご紹介させていただいております。

院概要・アクセス
院名

瑞穂いとう接骨院

住所

〒501-0203
岐阜県瑞穂市馬場上光町2-11

アクセス

穂積駅(北口)より徒歩27分
本田線『馬場上光町』下車・徒歩1分
穂積駅よりタクシーで約7分
無料駐車場あり

営業時間

08:30~12:00 15:30~20:00

休業日

土曜PM・日祝日

お問合せ・ご相談

お電話でのお問合せはこちら

058-337-5086

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。