北方・本巣・岐阜で接骨院をお探しなら、
岐阜県瑞穂市の交通事故・スポーツ障害に強い接骨院  

〒501-0203 岐阜県瑞穂市馬場上光町2-11
穂積駅(北口)より徒歩27分、タクシーで約7分
本田線『馬場上光町』下車・徒歩1分(駐車場5台完備)

診療時間 日祝
午前 08:30~12:30
午後 15:30~19:30

水曜・土曜は8:30~13:00 / 水午後・祝日は営業している場合があります。

【予約制】ご予約・お問合せ・ご相談はこちら

058-337-5086

ぎっくり腰

 ぎっくり腰は、何か物を持ち上げようとした時、腰を捻るなどの動作をした時などに起こることが多いですが、朝起きた直後や何もしないで起こる事もあります。痛みの原因はさまざまで、腰の関節や軟骨(椎間板)に許容以上の力がかかってけがしたような状態、または、腰を支える筋肉などの柔らかい組織の損傷などが多いと考えられます。

どんな症状?どんな時に起こるの?
 ぎっくり腰は、何の前触れもなく突然起こるので、ヨーロッパでは「魔女の一撃」と呼ばれています。魔女の一撃だけあってその痛みもかなり強いもので、ほとんどの人は激痛の為、その場に横になってしまうほどです。
 一般的にぎっくり腰は、重い荷物を持ち上げた時や体を捻ったときに起きやすいと言われていますが、日常の何気ない動作でも起こる場合があり、咳やくしゃみをした時や顔を洗い身体を起こそうとした時、ベッドから体を起こそうとした時に起こる事もあります。

◆どうやって起こるの?
 ぎっくり腰は、様々な原因が重なり起こるとされています。
 その原因の一つとして、身体を捻ったり曲げたりする動作によって、腰を支える靭帯や筋肉に負担がかかり断裂を起こし、その断裂した部分が神経を刺激する為と言われております。
 また腰には、背骨である椎骨と椎骨の間に椎間板や、その周りに関節包というものが存在しています。
仕事や多忙な生活によって疲れが貯まると、筋緊張も全体的に高くなってその逃げ場を失ってしまいます。その逃げ場を失った力が椎間板や関節包に収束してしまい傷つけ、神経を圧迫して痛みが出てしまうことも原因として考えられています。

結論でいくと背中からお知りまでの筋肉が疲労などで全体的に硬くなってしまった状態のときに、前屈や立ち上がりの動作で腰が支点になり、どの筋肉も伸ばせなくなり起こるのが、ぎっくり腰だと考えてよいと思います。

◆どうやって治療するの??

 ぎっくり腰になった場合、その痛みから筋緊張がかなり広範囲に渡って強くなっており、患部には炎症が起きています。こういった時に患部をほぐしたりといった施術を行うとかえって炎症を悪化させてしまう場合があります。当院では、まず問診等にてぎっくり腰の大元の原因となっている、腰以外の部分を特定していき、まずそこにアプローチをしていきます。これによって患部への負担軽減と患部周囲の筋緊張緩和を行うことができます。また、痛みが無くなってきた段階で再発をしない為の体づくりや日常生活動作指導をさせていただきます。

交通事故専門の案内なら交通事故病院
友だち追加

精密検査ご希望の方は
上記米田病院をご紹介させていただいております。

院概要・アクセス
院名

瑞穂いとう接骨院

住所

〒501-0203
岐阜県瑞穂市馬場上光町2-11

アクセス

穂積駅(北口)より徒歩27分
本田線『馬場上光町』下車・徒歩1分
穂積駅よりタクシーで約7分
無料駐車場あり

営業時間

08:30~12:30 15:30~19:30

休業日

水曜PM土曜PM・日祝日

お問合せ・ご相談

お電話でのお問合せはこちら

058-337-5086

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。